歯を白くするホワイトニングの種類について

歯を白くするホワイトニングの種類には、まず歯科医院内で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。

ホームホワイトニングというのは、最初に歯の型を取って歯のカバーを作ります。そしてその型の中にホームホワイトニング剤を入れます。型さえ取れば、自分で好きなときにホワイトニングできるメリットがあります。 歯を白くするおすすめの方法

オフィスホワイトニングには、ティースホワイトニングという種類があり、これホワイトニング剤を歯に塗ってハロゲンライトを当てるというものです。色素を分解しながら歯を白くしていく方法になります。最近主流になっているのはLEDという方法で、青色LEDが口の中全体に光が当たるようにすることでホワイトニングしていきます。この方法なら、1回の施術でかなり白くなります。歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、高濃度のホワイトニング剤を使いながら、特殊な光を当てることで薬剤の効果を高めます。特殊な光によってその種類がわかれていて、それにはLEDやハロゲンライトのほか、アルゴンレーザー、スピードホワイトニング、FAPホワイトニング、プライトスマイル、ZOOM、ビヨンド、などの種類があります。

歯を白くするおすすめの方法は?

歯を白くするおすすめの方法は、歯科医院でしっかりクリーニングを受けることです。歯医者さんなら、中々落ちない汚れも取ってくれます、やはりプロに任せるのが一番です。歯を白くするだけでなく、歯周病治療からヤニ取りまできちんとやってくれます。

エステサロンでセルフホワイトニングをするという方法もあります。エステサロンでは、重曹やポリリン酸などを使いながら歯の表面の汚れを落とします。ただしこれらの方法は、内部の着色まで漂白することはできません。歯の内部に蓄積した着色をキレイにするには、過酸化水素という薬剤を使ったホワイトニングをする必要があり、そのためにはオフィスホワイトニングがおすすめです。これは高濃度の過酸化水素を駆使するもので、歯科医院が実施しています。この方法なら短期間で歯を白くすることができます。

自宅で歯の表面についた着色汚れを落として歯を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉で磨くと良いでしょう。研磨剤で歯の表面の着色汚れを削りながら、汚れを浮かせて落としていきます。そして効果的に着色を落としながら歯を白くしてくれます。 歯の黄ばみを白くする ホワイトニングで白くする ホワイトニングジェルおすすめ 歯のクリーニング ホワイトニング用の歯磨き粉